中之島図書館 NAKANOSHIMA LIBRARY

イベント情報EVENT

2021.07.17(土)

セミナー・フォーラム

ナカノシマ大学2021年7月講座「春日太一が語る!大阪と時代劇」

春日 太一(映画史・時代劇研究家)

時代劇研究家ならではの視点!
意外な大阪の魅力を再発見

年間を通し数々のトークイベントや講座をこなす時代劇研究家の春日太一氏が、満を持してナカノシマ大学に登壇。時代劇で関西といえば京都というイメージが強いかもしれませんが、時代劇の発信においてかつては大阪も重要な役割を果たしてきました。そんな大阪発信の時代劇の魅力と系譜を、映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている春日さんが掘り下げていきます。大阪の新しい一面が明らかにある事間違いなし!乞うご期待。

ナカノシマ大学2021年7月講座「春日太一が語る!大阪と時代劇」
参加の申込をする

「春日太一が語る!大阪と時代劇」

講師|春日 太一(映画史・時代劇研究家)

日時|7月17日(土) 10:00 ~ 11:30(開場9:30)

会場|大阪府立中之島図書館3階 多目的スペース2

受講料|2,000円 定員|50名

主催|大阪府立中之島図書館(指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

企画協力|ナカノシマ大学事務局(株式会社140B)

春日太一(かすが・たいち)

映画史・時代劇研究家。1977年東京都生まれ。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』(小学館)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』(文藝春秋)『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)『黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)『時代劇入門』(角川新書)また、2021年4月『時代劇聖地巡礼』(ミシマ社)を上梓。週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。

2021.06.01(月)〜06.30(土)

展示

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」→中止

インドにおけるヨガの歴史、日本ヨガ史、国際ヨガDAYについて考えてみませんか?

→緊急事態宣言の延長に伴い、臨時休館が6月20日まで延長となっため、下記イベントは中止となりました。

ヨガは、世界と心と身体の間に調和をもたらし、ホリスティックな健康と幸福をめざす古代インドの叡智です。
紀元前500年頃より編纂されたパタンジャリの『ヨーガ・スートラ』は、世界最古の健康のための実践を現代に伝えています。
今やインドから日本へ、そしてモディ首相が国連に提唱した国際ヨガDAYによって、世界中に平安と健康の輪が広がっています。
その源流を探り、健康的な暮らしのためのヨガに参加してみませんか。

関連イベントはコチラ

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」→中止

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」

→緊急事態宣言の延長に伴い、臨時休館が6月20日まで延長となっため、下記イベントは中止となりました。

期間|2021年6月1日(火)~ 6月30日(水) ※6月10日(木)及び日曜日休館 

会場|大阪府立中之島図書館2階 多目的スペース1

時間|月曜日~金曜日 9:00~20:00

   土曜日     9:00~17:00

入場|無料

共催|在大阪・神戸インド総領事館

   ShoPro・長谷工・TRC共同事業体

2021.06.01(月)〜06.30(土)

セミナー・フォーラム

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」関連イベント→中止

→緊急事態宣言の延長に伴い、臨時休館が6月20日まで延長となっため、下記イベントは中止となりました。

ヨガは、世界と心と身体の間に調和をもたらし、ホリスティックな健康と幸福をめざす古代インドの叡智です。
紀元前500年頃より編纂されたパタンジャリの『ヨーガ・スートラ』は、世界最古の健康のための実践を現代に伝えています。
今やインドから日本へ、そしてモディ首相が国連に提唱した国際ヨガDAYによって、世界中に平安と健康の輪が広がっています。
その源流を探り、健康的な暮らしのためのヨガに参加してみませんか。

展覧会情報はコチラ

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」関連イベント→中止

インド独立75周年記念「ヨガ インドから日本へ」関連イベント

→緊急事態宣言の延長に伴い、臨時休館が6月20日まで延長となっため、下記イベントは中止となりました。

関連イベント ※受講料無料、要申込み

 

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 「ご希望の日時、イベントタイトル、参加人数、全員の氏名、代表者の電話番号」をお知らせください。
 ●参加者ご自身のヨガ・マットをご持参ください。
 ●実習中でもマスクの着用をお願いします。
 ●水分補給のための飲料(ふた付の水筒・ペットボトル)やタオル等は各自ご用意ください。
 ●図書館には着替えのスペースはございません。

 

◆6月2日(水)18:00-20:00  

タイトル:スローなリズムのヨガからダイナミック・ヨガ&シャヴァーサナ(実技)

講師:Abundance Lifestyle Studio代表 プルビ・ジャベリ 

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

 ゆっくりしたリズムに合わせ、やさしいアーサナのフローを行います。初心者・経験者、老若男女を問わず、自分のペースでダイナミックなポーズを行います。

 

◆6月4日(金)18:45-20:00 

タイトル:やさしい瞑想~5つの働きを調和する(実技)

講師:生活ヨガ研究所 代表 じゅずたかし

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

心の調律のための瞑想習慣を身につけていくための工夫として、身体の5つのポイントを調整するアーサナ(体操)を学びます。

 

◆6月5日(土)10:00-12:00

タイトル:WAVES OF HAPPINESS(実技)

講師:Art Of Living Japan代表 ニーラ・スリニディ

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

自分がハッピーなら家族もハッピー、家族がハッピーなら社会もハッピー。このプログラムではヨガの呼吸法と瞑想を中心に、様々なエクササイズやゲームを楽しみます。

 

◆6月5日(土)14:00-17:00

タイトル:日本化したヨガ(瑜伽)の伝統で大切にしてきたこと(講義・実技)

講師:NPO法人 沖ヨガ協会 理事長代表 龍村修

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

日本に奈良時代以来入ってきたインド発の仏教ヨガの道としての修行法(冥想・瑜伽・禅など)とその哲学は、日本の精神文化と身体文化の土台となってきました。

 

◆6月11日(金)18:00-20:00

タイトル:世界保健機関(WHO)とヨガ療法士教育(講義・実技) 

講師:一般社団法人 日本ヨーガ療法学会 理事長 木村慧心

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:ヨガ指導者とヨガ愛好者

世界保健機関(WHO)はヨガを、中国医学やアーユルヴェーダとともに、伝統的・補完的医療として分類しています。WHO認定の実習を行います。

 

◆6月12日(土)10:00~12:00  →定員に達したため、受付は終了しました。 

タイトル: プラブヨガ・ナディクレンジング 内なるアライメントとメンタルバランス(講義・実技)

講師:プラブヨガインターナショナルジャパン 創設者 マスタープラブジ(プラブ・ナタラジャン)

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象: 8歳以上(未成年は保護者同伴)

南インド秘伝プラブヨガ。個々の解剖学的、生理学的な體(からだ)の状態に基づいて、神経、特にシュシュマナチャネルを通した日常でできる自主練習法を学びます。

 

◆6月12日(土)14:00-16:00

タイトル: 沖ヨガ修正法(講義・実技) 

講師:山本ヨガ研究所 代表 山本正子

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

古典的なヨガや日本の伝統文化など、さまざまな要素を取り入れたヨガ。心・体・食べ物・呼吸全てのバランスを整えるヨガです。心身の歪みを調整する「沖ヨガ修正法」は、結果がわかりやすく、親しまれています。

 

◆6月12日(土)14:00-16:00

タイトル:「ヨガ インドから日本へ」展(解説・講義)

講師:ヨーガ情報ステーション 代表 大麻豊

場所:別館2階多目的スペース3 定員:40名 対象:ヨガに関心ある方

ヨガ発祥のインドから日本に伝わったヨガの歴史。
特に日本ヨガ普及小史において、あまり知られていない戦前戦後の先駆者について、分かりやすく解説します。

 

◆6月18日(金)18:00-20:00

タイトル:MIND&BODY ~24時間幸せな気分でいるために~(講義・実技)

講師:Indian Yoga Meditation Center, Japan代表 ナリニ・トシュニワル

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:15歳以上

ヨガ(アーサナ)とメディテーション(チャクラ)の知識は心と体を強く保ちストレスや恐れから守るための助けとなるでしょう。心と体のバランスを保つための簡単でありながら大変重要なことについて楽しく学びましょう。

 

◆6月19日(土)14:00~16:00

タイトル:ヨーガと健康(講義・実技)

講師:一般社団法人 日本ヨーガ禅道友会 代表理事 八田捷也

場所:本館3階多目的スペース2 定員:25名 対象:どなたでも

ヨガが本当に健康法として生かされていくには、その仕方が重要です。実技と合わせ一緒に勉強しましょう。

2021.06.26(土)

セミナー・フォーラム

ナカノシマ大学2021年6月講座「江戸時代の大丸」

鈴木 敦子(大阪大学大学院経済学研究科資料室助手)

大丸ブランドの証しとは。
「先義後利」の商いのルーツを探る!

今からおよそ180年前、大坂の名だたる商家に次々と火が放たれました。大塩平八郎の乱です。しかし、ただ一つ襲撃をまぬがれた大店がありました。それが大丸です。「大丸は義商なり、犯すなかれ」と語り、大塩は大丸を襲撃させなかったと伝えられています。大塩から「義商」と称された大丸ですが、その商法は三井越後屋が編み出したとされる「現金掛け値なし」でした。

では、同じ商法の大丸と三井で、いったい何が違っていたのでしょうか?江戸時代の両者は、どのような関係だったのでしょう?ヨソとはひと味違う大丸の宣伝広告や、値札に押されたハンコに目を凝らしてみると、大丸ならではの工夫が見えてきます。大坂、京都、江戸、名古屋に店を構えた江戸時代の大規模呉服店「大丸」にしばし潜入してみましょう。

ナカノシマ大学2021年6月講座「江戸時代の大丸」

上:大丸呉服店(『浪華自慢名物悉』国立国会図書館所蔵) 下:松屋呉服店(『浪花百景』大阪市立中央図書館所蔵)

参加の申込をする

「江戸時代の大丸」

講師|鈴木 敦子(大阪大学大学院経済学研究科資料室助手)

日時|6月26日(土) 10:00 ~ 11:30(開場9:30)

会場|大阪府立中之島図書館3階 多目的スペース2

受講料|2,000円 定員|50名

主催|大阪府立中之島図書館(指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

企画協力|ナカノシマ大学事務局(株式会社140B)

鈴木 敦子(すずき あつこ)

専門は経済史・経営史。2018年に経営史学会・出版文化社賞(本賞)受賞。近世期の三井越後屋、大丸屋下村呉服店などの商家や、貨幣改鋳、金銀相場について研究。中之島図書館や企業史料協議会のくずし字講座で講師を務める。著書(分担執筆)に『近江日野の歴史7』など。

2021.04.29(月)〜05.08(土)

展示

「島民」ヒストリー&奈路道程展

中之島を舞台にしたフリーマガジン「島民」が、今年3月で発行を終了しました。この展示では、2008年から中之島をさまざまな角度から掘り下げて伝えてきた「島民」の歩みをふり返ります。また、12年間にわたりすべての号の表紙イラストを描き続けた奈路道程さんの原画や関連作品も展示。バックナンバーの配布や関連書籍の販売なども行います。

「島民」ヒストリー&奈路道程展

「 島民」ヒストリー&奈路道程展

期間|4月19日(月)~ 5月8日(土)※日曜、祝日休館 会場|大阪府立中之島図書館3階 展示室

時間|9:00AM ~ 8:00PM 入場|無料

ページトップ