中之島図書館 NAKANOSHIMA LIBRARY

イベント情報EVENT

2022.05.11(水)〜09.17(土)

セミナー・フォーラム

古文書塾 てらこや  (6月からの受講も可能です。)

伊藤 鉃也、切坂 美子

2022年 前期講座 開講
6月からもご参加いただけます。
新しい知的探検—。
初めて古文書に出会う方にその奥深い魅力をご紹介します。

新しい知的探検—。

初めて古文書に出会う方にその奥深い魅力をご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては、日程を変更する場合もございます。

【古写本『源氏物語 鈴虫』の仮名文字を読む】

開講日|6月8日(水)15301700

 講 師 |伊藤 鉃也

【『源氏物語 鈴虫』の異文を楽しむ】 時間が変更になりました。

初回開講日|6月8日(水)11:00~12:30

 講 師 |伊藤 鉃也

【古文書修復のいろは】

初回開講日|6月18日(土)13301530

 講 師 |切坂 美子

 

主催|大阪府立中之島図書館(指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

古文書塾 てらこや  (6月からの受講も可能です。)

古文書塾 てらこや

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 「ご希望の申込み講座名、「仮名」「異文」「修復」 氏名、電話番号をお知らせください。」
 ●講座中もマスクの着用をお願いします。
 ●ふた付の水筒・ペットボトルのみお持ち込みいただけます。
 ●体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

【古写本『源氏物語 鈴虫』の仮名文字を読む】

 国立歴史民俗博物館が所蔵する『源氏物語 鈴虫』(歴博本、重要文化財)を教科書として、平仮名の元になった漢字(字母、変体仮名)を読みます(講師が編集したカラー版の複製本を使用)。近年話題となっている「くずし字」のうち、木版本ではなく筆で書かれた手書きの写本が読めるようになります。

 この「歴博本」は、米国ハーバード大学が所蔵する『源氏物語 須磨・蜻蛉』と兄弟本であり、今から800年前の鎌倉時代中期に書写された、現存最古の『源氏物語』の古写本の一つです。完成度の高い美術品でもあります。

 現代の活字本を読むこととの違いを、本講座を通して実感してください。仮名文字を一字ずつ確認しながら読み進めるので、古写本を読む技術も一緒に身につきます。

 日 時|4月13日、5月11日、6月8日、7月13日、8月10日、9月14日(水)15301700

 講 師|伊藤 鉃也

 場 所|大阪府立中之島図書館 3階 多目的スペース2

 定 員|50名(要予約・先着順)  

 受講料|各回 3,360円(税込)

 教材費|1,800円(税込) 初回に2階総合案内ライブラリーショップでご購入ください。

 

 

【『源氏物語 鈴虫』の異文を楽しむ】 時間が変更になりました

 『源氏物語』は現在、「大島本」(古代学協会所蔵、重要文化財)で読まれています。しかし、これは室町時代に書写された本文に江戸時代の書き込みを混ぜ合わせた校訂本文です。

 今回読む歴博本『鈴虫』は、大島本とは微妙に異なる表現や描写を伝えている古写本です。「異文」とは、他の写本とは違う表記の文章のことです。この歴博本『鈴虫』の本文を、多角的な視点から読む新しい読書体験を共に楽しみましょう。今読まれている『源氏物語』にはない500文字以上の異文や、2,000円札〈改行〉に採用された「国宝源氏物語絵巻詞書」の仮名文字も取り上げます。

 物語の本文に関して、異本や異文を参照しながら複眼的に物語を見据えます。江戸時代の書き込みが入った「大島本」とは違う、鎌倉時代の『源氏物語』が浮き彫りになることでしょう。

 日 時|4月13日、5月11日、6月8日、7月13日、8月10日、9月14日 (水)11:00~12:30

 講 師|伊藤 鉃也

 場 所|大阪府立中之島図書館 3階 多目的スペース2

 定 員|50名(要予約・先着順)  

 受講料|各回  3,360円(税込)

 教材費|2,400円(税込) 初回に2階総合案内ライブラリーショップでご購入ください。

 

 

【古文書修復のいろは】

 江戸時代には多くの印刷本や手書きの写本が作られました。この時期の和装本は、現在でも古書店や古本市でよく見かけます。

 手にした1冊の和装本。しかし、それは埃っぽく、綴じ糸が切れ、虫が食い、端が折れ、見返しが破れ・・・。たとえそうであっても、江戸時代の和装本は一期一会、価値は様々でも2冊と同じ本はないともいえるのです。

 修復で使うのは和紙だけですが、適切な修復を考え、そして和装本の大敵である虫とカビを防いで保存することも必要です。和装本と現代の本(洋装本)、和紙と洋紙の比較などの話を交え、実際に和紙を使って虫食いを直したり、綴じ糸切れなどを直したりする基礎的な修復も経験していただきます。和装本を身近に感じていただければと思います。

 日 時|4月16日、5月14日、6月18日、7月16日、8月20日、9月17日(土)13301530

 講 師|切坂 美子

 場 所|大阪府立中之島図書館 別館 多目的スペース3

 定 員|20名(要予約・先着順) 

 受講料|各回 3,360円(税込)

 持ち物|平筆(8号程度)、ハンドタオル

伊藤 鉃也

博士(文学、大阪大学)。学芸員。NPO法人〈源氏物語電子資料館〉代表理事、前 大阪観光大学学長。主編著は、『源氏物語別本集成正続 22巻』、『源氏物語本文の研究』、『日本古典文学翻訳事典 12』など多数。

 

切坂 美子

修士(吉備国際大学大学院文化財保存修復学研究科)。元東京都立中央図書館資料修復専門員。IPMコーディーネータ資格。共著『水濡れから図書館資料を救おう!』

 

2022.04.02(土)〜09.03(土)

セミナー・フォーラム

【満席につき受付終了】 10月より後期講座開催 9/1より受付開始 論語塾

谷口 利広

『論語』を、共に学びませんか。

孔子の弟子たちが編纂した孔子の言行録である『論語』は、東洋はもとより全世界の人々に2000年以上も読み継がれてきました。『聖書』と並ぶ永遠のベストセラーである『論語』は、「人生如何に生きるべきか」を示唆しています。この『論語』を、共に学びませんか。

※新型コロナウイルス感染症拡大状況によって予定を変更する場合がございます。

【満席につき受付終了】 10月より後期講座開催 9/1より受付開始 論語塾

論語塾

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 「ご希望の日程、参加人数、全員の氏名、代表者の電話番号」をお知らせください。
 ●講座中もマスクの着用をお願いします。
 ●ふた付の水筒・ペットボトルのみお持ち込みいただけます。
 ●体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

 

講師|谷口  利広

日時|  ◆2022年4月2日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)

   ◆2022年5月7日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)

   ◆2022年6月4日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)

   ◆2022年7月2日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)

   ◆2022年8月6日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)

   ◆2022年9月3日(土) 13:30 ~ 15:00(受付13:00~)  

 

会場|大阪府立中之島図書館 3階 多目的スペース2

定員|各回50名(要予約・先着順) 

受講料|一回500円(税込)

   ※初回のみ、指定のテキストをご購入いただきます。「仮名論語」1,500円(税込)図書館内ライブラリーショップで購入可能

主催|大阪府立中之島図書館(指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

谷口 利広

論語研究家・論語指導士(論語普及機構認定)・大阪府立高校元校長

2022.05.26(木)〜07.28(木)

セミナー・フォーラム

新聞記者が語る…「大阪のとある一面」 シリーズ講座(全8回)

坂本 泰紀、阪本 輝昭、石合 力

大阪の現場をよく知る新聞記者たちの、ちょっとした一言がビジネス・商売の一粒の種となることを望んでのシリーズ講座です。

 

【政治面:大阪って『国会議事堂』から遠い?近い?】大阪と政治

 日時|5月26日(木)18:00~20:00

 講師|大阪本社編集局社会部次長 坂本 泰紀

【テレビ面:大阪のテレビって『新聞』と仲良し?不仲?】大阪とテレビ、ラジオ

 日時|6月23日(木)18:00~20:00

 講師|コンテンツ編成本部次長 阪本 輝昭 朝日放送テレビ「キャスト-CAST」元ディレクター

国際面:大阪から見るウクライナ問題と世界

 日時|7月28日(木)18:00~20:00

 講師|大阪本社編集委員(元中東アフリカ、ヨーロッパ総局長) 石合 力

 

※8月~11月の講座は次回チラシでお知らせいたします。

場所|大阪府立中之島図書館 別館2階 多目的スペース3

定員|各回50名(要予約・先着順)※新型コロナウイルス感染症拡大状況により変動

受講料|各回1,000円(税込)※取材の関係で、急遽講師が変更になることがあります

主催|大阪府立中之島図書館(指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

協力|朝日新聞

新聞記者が語る…「大阪のとある一面」 シリーズ講座(全8回)

新聞記者が語る…「大阪のとある一面」 シリーズ講座(全8回)

  

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 「ご希望の講座名、参加人数、全員の氏名、代表者の電話番号」をお知らせください。
 ●講座中もマスクの着用をお願いします。
 ●ふた付の水筒・ペットボトルのみお持ち込みいただけます。
 ●体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

 

2022.05.16(月)〜07.16(土)

展示

第163回大阪資料・古典籍室小展示「和装書にみる お菓子の味わい」

江戸時代の人々が食べていたお菓子はどのような味だったのでしょうか。
今回の展示では、お菓子の作り方に関する資料を中心に、当館所蔵の古典籍資料をご紹介します。
当時の「味」を想像してみてください。

詳細はこちらへ

https://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/163-okashi.html

第163回大阪資料・古典籍室小展示「和装書にみる お菓子の味わい」

期 間|令和4年5月16日(月曜日)から令和4年7月16日(土曜日)まで

    ※平日9時から20時 土曜日9時から17時 入場無料
    ※期間中の休館日は、毎週日曜日・6月9日(木曜日)です。

会 場|大阪府立中之島図書館 3階 大阪資料・古典籍室1

時 間|月曜日~金曜日 9:00~20:00 

     土曜日      9:00~17:00

入 場|無料

 

2022.04.23(土)〜06.22(水)

セミナー・フォーラム

KAZUKI流 手話表現講座

~手話歌を通して表現力を磨く
歌詞の意味を解釈 ろう者も聴者も、誰もが音楽の魅力を感じることができる手話歌を学びます。

KAZUKI

生まれつきろう者ソロサインパフォーマー。

代名詞は「手の表現者」

手話と音楽を融合して表情、背景、物語を含めた

「手の表現」で、目で聴く世界観をお届けし

2017年プロサインパフォーマー活動として本格始動。

ろう者も聴者も誰もが音楽の世界観を感じることができる手話歌を目指し、

その他にも俳優、モデル、作手家(手話歌製作)も活動している。

KAZUKI流 手話表現講座

KAZUKI流 手話表現講座

【手話表現講座】~サインパフォーマンスの魅力~

日時|4月23日(土)15:00~16:00 5月26日(木)18:30~19:30 6月18日(土)15:00~16:00

【手話表現講座】~手話表現ってなに?~

日時|4月27日(水)18:30~19:30 5月28日(土)15:00~16:00 6月22日(水)18:30~19:30

■受講にあたっては、障害の有無は問いません。表現をするのが大好きな人に集まっていただければ嬉しいです。

■基本的には講師は手話や筆談で声を使わずに指導しますので、ある程度手話が理解できる人、手話通訳がないことを納得してきて頂ける人にお越し頂ければと思います。 

場所|大阪府立中之島図書館3階 多目的スペース2

定員|30名(要予約・先着順)※新型コロナウイルス感染症拡大状況により変動

受講料|1,000円(税込)

主催|大阪府立中之島図書館指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

 

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 手話表現講座参加ご希望の旨、「希望日、参加人数、全員の氏名、代表者の電話番号」をお知らせください。
 ●講演中もマスクの着用をお願いします。
 ●ふた付の水筒・ペットボトルのみお持ち込みいただけます。
 ●体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

 

経歴

2017年~ プロサインパフォーマー活動として本格始動

各地ライブイベントにて他出演。

各地のストリートライブ(路上)からスタートし

2017年の秋と冬にオーディションを受け

横浜音祭り横浜みなとみらい音楽祭と神奈川 D’LIVE コヤマドライビングスクールにて出演。

同年にカンヌ国際短編映画祭八十川監督による 「夏の音、夏の光」の映画主演も果たした。

各地イベントにて全国的に回り、「 NHK おはよう関西NEWS 」ニュース番組に出演。

神奈川県平塚公民館 メジャーアーティストの手話アーティストのHANDSIGN とゲストコラボとして出演。

2020年2月 100人規模で初となるワンマンライブも音楽と手話でつながる一体感で会場を包んだ。

全国手話パフォーマンス甲子園の審査員

兵庫県神戸ろうあ協会中央区会長

兵庫県聴覚障害者協会中央区会長

映画出演作品

2017 『D-RED2』 ろうによるアクション映画:悪役

2018 『夏の音、夏の光』映画主演

舞台出演作品

2019 『天照大御神』

その他の経歴

2018年

奈良県 天理コフフン

愛知県 デフパフォーマンスライブ

福井県 障がい者ハートフル文化祭 ゲスト

大阪府 GBUファッションランウェイ

兵庫県 公益財団法人木口福祉財団

兵庫県 宝塚市手話言語 発表会

2019

兵庫県 神戸コンチェルト神戸船の旅

和歌山県 きのくにチャリティーイベント 主催

大阪府 東大阪子供の未来チャリティーイベント

兵庫県 神戸日本手話企画イベント

福井県 CSP ROCK&SPORTS FESTIVAL イベント

福井県 手話言語条例施行記念DREAMフェスイベント

兵庫県 神戸市 こうべ手話フェスティバル ゲスト

2020

兵庫県 神戸市 「 KAZUKI ワンマンライブ St.1 」

兵庫県 神戸市   JAZZ Live 特別出演

2021

東京2020オリンピック・パラリンピック開会式出場

 

2022.06.17(金)

その他

【満席ため受付終了】大阪市中央公会堂×大阪府立中之島図書館 コラボガイドツアー(モーニング付)

二館を合わせて約220歳の歴史を巡るコラボガイドツアーです!

大阪府立中之島図書館内スモーブローキッチンナカノシマ でのモーニングの後に同図書館と大阪市中央公会堂をご案内。中之島を代表する二つの近代建築、二館を合わせて約220歳の歴史を巡るコラボガイドツアーを、ぜひお楽しみください。

 

【満席ため受付終了】大阪市中央公会堂×大阪府立中之島図書館 コラボガイドツアー(モーニング付)
参加の申込をする

大阪市中央公会堂×大阪府立中之島図書館 コラボガイドツアー(モーニング付)

※感染拡大防止のため参加者のみなさまには、検温、ツアー中のマスクの着用をお願いいたします。また、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、急遽ガイドツアーを中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

日時| 6月17日(金)9:00~

集合場所| 中之島図書館2階総合案内

定員| 8名様 *事前申込制・先着順にて受付

参加費|おひとり2,200円(当日現金支払い)2館のオリジナルグッズ付

共催|大阪府立中之島図書館  指定管理者 ShoPro・長谷工・TRC共同事業体
   大阪市中央公会堂指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ

 

【受付開始日】5月1日(月)より

【お申込み方法】
・Web:大阪市生涯学習情報提供システムいちょうネットより、キーワード「コラボガイドツアー」で検索ください。(24時間受付)

 

* * * * *  タイムスケジュール  * * * * * 

 9:00 【受付】大阪府立中之島図書館 2階総合案内
     ※受付場所は公会堂ではありません。ご注意ください。
     ※当日連絡先:06-6203-0474(9:00~)

 9:15 モーニング(スモーブローキッチンナカノシマ)
 10:15 中之島図書館ガイドツアー
 10:45 公会堂へ移動
 11:00 公会堂ガイドツアー
 11:30 解散

2022.05.16(月)〜05.28(土)

展示

昭和~平成~令和をつなぐ 鳥瞰図絵師列伝  ―吉田初三郎・井沢元晴・石原正・青山大介―

大空に舞う鳥の目で街や自然の姿をとらえた絵図「鳥瞰図」は、17~18世紀のヨーロッパで流行し、日本でも葛飾北斎をはじめ多くの絵師が意欲的に鳥瞰表現に挑戦しました。今回の展示では、近代以後に人気を博した最初の鳥瞰図絵師・吉田初三郎にはじまり、戦後の日本各地の風景を足で描いた郷土の鳥瞰図として残した井沢元晴、「大阪万博メモリーズ」「千里ニュータウン絵図」などの鳥瞰図で昭和~平成の時代を記録した石原正、石原正を師として神戸を中心に活躍し「令和の姫路城下鳥瞰絵図2021」で今現在へと志をつないだ青山大介の4人の作品をご覧いただきます。作風も技法もそれぞれに個性的な鳥瞰図絵師たちの足跡を通して昭和・平成・令和の3つの時代を鳥瞰してみませんか。

昭和~平成~令和をつなぐ 鳥瞰図絵師列伝  ―吉田初三郎・井沢元晴・石原正・青山大介―

昭和~平成~令和をつなぐ 鳥瞰図絵師列伝  ―吉田初三郎・井沢元晴・石原正・青山大介―

昭和~平成~令和をつなぐ 鳥瞰図絵師列伝 

―吉田初三郎・井沢元晴・石原正・青山大介―

期 間|5月16日(月)~5月28日(土) 

会 場|大阪府立中之島図書館 3階展示室

休館日|日曜日、祝日

時 間|月曜日~金曜日 9:00~20:00

        土曜日       9:00~17:00

入 場|無料

主 催|大阪府立中之島図書館指定管理者ShoPro・長谷工・TRC共同事業体

 

【青山大介ワークショップ・なぞって楽しむ鳥瞰図入門】

日    時  5月21日(土)11時~/14時~ *各回20分程度

講    師  青山大介 先生

会    場  大阪府立中之島図書館3階 多目的スペース2

受 講 料   1,000円(税込) 定員:15名  

持 ち 物        えんぴつ、ペンのどちらか  

〈申込み方法〉お電話・Mailにて承ります。

  TEL 06-6203-0474(図書館代表) 

  MAIL eventyoyaku@nakanoshima-library.jp

「鳥瞰図ワークショップ参加・氏名・電話番号」をお知らせください。

(複数でお申込みの場合全員の氏名・代表者の電話番号をお知らせください。)

主   催 大阪府立中之島図書館

    (指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC共同事業体)   

 

2022.05.14(土)

セミナー・フォーラム

「最近帰国の教師たちが語る~海外駐在時の子どもの教育最新事情」

岡本健先生、近藤裕敏先生、松浦淳雄先生、松田弘和先生、菅原光章相談員

海外赴任を前にして子どもの教育や生活に不安をお持つご家族や、海外での教育活動を夢に抱く教師の方々へ、在外教育施設から帰国したばかりの先生方に最新情報を提供して頂きます。また在外教育施設のメリットや課題、地域差についても語り合って頂きます。

在外教育施設に関するシンポジウム

日 時|5月14日(土)13:30~16:00(受付は13:00~)

場 所|大阪府立中之島図書館3階 多目的スペース2

定 員|50名(要予約・先着順)※新型コロナウイルス感染症拡大状況により変動

受講料|1,000円(税込)

主催|大阪府立中之島図書館指定管理者:ShoPro・長谷工・TRC 共同事業体)

共催|公益財団法人海外子女教育振興財団

「最近帰国の教師たちが語る~海外駐在時の子どもの教育最新事情」

〈申込み方法〉
 お電話・Mailにて承ります。TEL 06-6203-0474(図書館代表)、
MAIL:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
 シンポジウム参加希望の旨、「参加人数、全員の氏名、代表者の電話番号」をお知らせください。
 ●会場内ではマスクの着用をお願いします。
 ●ふた付の水筒・ペットボトルのみお持ち込みいただけます。
 ●体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。

岡本健先生

現コロンバス補習授業校校長2022年3月帰国予定、元台北日本人学校勤務

近藤裕敏先生

2021年3月帰国、前台北日本人学校校長、元デュッセルルドルフ日本人学校勤務

松浦淳雄先生

2022年3月帰国予定、ニュージャージー日本人学校教頭、元ロサンゼルス補習授業校勤務、元ミュンヘン日本人学校教頭

松田弘和先生

2021年3月帰国、前ブエノスアイレス日本人学校校長、元ブラッセル日本人学校補習授業校校長、元パンドン日本人学校勤務

コーディネーター菅原光章相談員

公益財団法人海外子女教育振興財団関西分室、元台北日本人学校勤務

ページトップ